アイウォレットの初心者にも簡単な登録方法 - 2022年版 -

iWallet(アイウォレット)は香港に拠点を置くオンライン決済サービスです。

運営はIWALLET SYSTEM EU LTD.といい2013年に設立された比較的新しい企業ですが、世界中で愛用されており、ショッピングやオンラインゲームにも利用できます。

誕生して間もない時期はジパンググループ専用の入出金のみの対応でしたが、現在は導入のオンラインカジノやブックメーカのベッテイングサイトが続々誕生しています。

入金手段には国内銀行振込とクレジットカードなどがあり、比較的に手数料が安価な点でおすすめです。

出金の際もお持ちの国内銀行へ送金可能です。(一回の取引あたり最大$50,000相当の日本円出金が可能)

非常に丁寧な日本語のサポートで、初心者でも安心して利用できるのも大きな利点。

また、昨年の春から発行・利用できなくなっていたアイウォレットのカードですが、カードブランドを変えて見事に復活を遂げました(2019年3月以降)。

ATMで使えて現金の引き出しもでき、現在、ベッテイングサイトの出入金サービスでは利用でないサイトはないという位、広がっていますので、是非、アカウントを作っておくことをお勧めします。ぜひ登録しておきましょう。

海外からのメールを受け取る事が出来るアドレスを用意

公式サイトにアクセスし、右上にあるアイコンをクリックします。するとタブが出てきますので、そこから【新規口座開設】を選択してください。
また、日本語表記になっていない場合は、右上のアイコンを「JA」にしてください。日本語表示になります。

新規個人口座開設のページから始まります。まず、アイウォレットのサイトから通知を受け取る事が出来るメールアドレスを入力します。
注意することはアイウォレットの運営会社は香港です。海外からのメールを受け取る事が出来るアドレスを用意してください。

アイウォレット メールアドレスの登録

アカウント情報を入力する

入力は全て、すべて半角英数字で入力します。ご注意ください。

1.名 … アルファベットで入力。

2.姓 … アルファベットで入力。

3.生年月日 … 数字を選択。

4.パスワード … 任意のパスワードを入力。※ここでのパスワードは「アルファベットの大文字と数字を含むパスワードで8字~35文字以内」で設定する必要があります。

5.パスワードを確認 … 確認のため、再度パスワードを入力。

6.国を選択 … 「japan」を選択。

7.確認ページを進む … クリックし入力内容確認。

アイウォレット アカウント情報の登録
自分の入力した内容が合っているか確認します。
次にアイウォレットの利用規約を確認し、よければチェックマークをつけ【口座を開設する】をクリックします。

認証メールが送られてきます

登録したメールアドレスに、認証メールが送られます。登録したメールを確認しましょう。

そして、メールに記載されている認証用URLをクリックすると、次のような画面が表示され、本登録完了となります。

この画面が表示されたら口座開設は終了ですが、登録した当初の口座ステータスだと8,000香港ドル(USドルで約$1,000)までしか利用できません。

利用金額を無制限にしたい場合は「エグゼクティブ会員」になる必要があり、こちらは、本人確認書類と住所確認書類を送付し、別途承認が必要となります。

アイウォレット 本登録完了

エグゼクティブ会員にアップグレードする

送金額の上限なしで利用したいという人は「エグゼクティブ会員」へのアップグレードが必要です。

『身分の証明』と『住所の証明』

アップグレードには申請時に身元確認書類と住所確認書類が必要です。あらかじめ利用できる書類を確認して用意しましょう。

必要な身元確認書類(どちらか1点)
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

パスポートの場合は、写真、生年月日、パスポート番号が明示されているページを撮影します。写真付き運転免許証かマイナンバーカードの場合は、表面と裏面両方の撮影が必要です。身分証は期限が切れていないことが重要です。

必要な住所確認書類(どちらか1点)
  • 水道光熱費の領収書
  • 銀行取引明細書
  • 住居証明書(住民票)

公的機関等からきちんと住所(宛先)が印字された書類を出すことがポイント。

撮影する際の注意点
  • 明細書の四隅を確認できるようにする。
  • 期限切れではないか確認する。
  • 画質は文字の判別ができるものにする。
  • スクリーンショットは不可。

スマホのカメラなどで先に写真撮影してカメラロールに保存し、パソコンに取り込んでおくと楽に作業を進められます。

申請書類

アップグレードの手順

アイウォレットにログイン。ログイン後に右下の「KYC書類をアップロードする」をクリックしてください。

「登録情報確認・変更」画面が現れます。アップロードする予定の書類の内容と同じ住所、電話番号、郵便番号の入力が必要になります。もし違った場合は認証に通りませんが、再度ここの情報を提出書類に合わせて修正して、再度本人確認書類をアップロードすれば認証に通ります。

1.国名 … Japanを選択。
2.都道府県 … 都道府県を入力。
3.市・区名 … 市・区を入力。
4.建物名・部屋番号・番地・町村名 … 建物名・部屋番号・番地・町村名を入力。
5.郵便番号 … ハイフンを付けて入力。
6.電話番号 … 国番号81を入れて入力。

最後に「確認画面へ」をクリックして終了。

「登録情報確認・変更」の入力確認画面が現れます。

入力に間違いがなければ「上記内容で登録する」をクリックしてください。

入力は全てローマ字(半角英数)で行う必要がありますので注意しましょう。
住所の英語表記が苦手な方は日本語住所を英語表記に変換するWebサービスを参考に入力してください。

KYCアップロード

本人確認書類と住所確認書類をアップロードします。
アップロードページは今一度「KYC書類をアップロードする」をクリックしてください。
すると本人確認書類のアップロード画面に移ります。

本人確認書類は上記記載していますが、パスポート、運転免許証、 住民基本台帳カードの中から1つ選んで送ります。

PCのスキャナーで書類をスキャンするか、スマートフォンのカメラで写真を撮るかのどちらかで書類を用意してアップロードしてください。

ファイル名は英語で作成します。

本人確認ファイルは
表 … DrivingLicence_Front.jpg
裏 … DrivingLicence_Back.jpg

としてください。

住所確認ファイルは
BankStatement.jpg です。

正常にアップロードされるとアップロード日時が表示されます。

まだ認証されていないので「未認証」となっています。認証が完了するまで3-7日ほど掛かります。

アップロード

アップロード認証待ち

プリペイドカードを申請する

プリペイドカードの発行、銀聯カード「UnionPay(ユニオンペイ)」が再開されています。以前発行されていたカードブランド (VIPC)と同じく、こちらのプリペイドカードもATMからの現金引き出しが可能です。

銀聯カード「UnionPay(ユニオンペイ)」とは、中国銀聯という金融企業が発行するカードのことで、中国国内では、「Yin Lian(イン リエン)」カードと呼びます。

中国銀聯は中国国内の銀行の連合であり、決済システムを運営する企業です。2002年、中国の中央銀行にあたる中国人民銀行が中心となって設立されました。
英語名では「UnionPay(ユニオンペイ)」と呼ばれています。

ちなみに、中国では国内の貧富の差が激しく与信審査や信用情報が未発達なため、その多くはデビットカードです。

アイウォレットカードの特徴

1.指定のロゴが掲載されるATMや加盟店で利用できます。
2.安心で携帯できるプリペイドカード。
3.アイウォレットアカウントを持っている人のプリペイドカード。
4.アイウォレットアカウントから直接カードへチャージできます。

ユニオンペイ

カードの申請については、直接アイウォレットのサポートへの連絡が必要です。

ホームページカード申請からアドレス(cs@iwl.world)に連絡をするか、iwalletにログイン後のお問い合わせ窓口より手続きを行いましょう。

なお、サポートに問い合わせる内容は以下のような形で大丈夫です。

■ 問い合わせ内容

お世話になります。
プリペイドカードを発行したいのですが、どのようにすれば発行できますでしょうか。

名前(口座番号:11111111 )
(自分の名前と口座番号を記載してください。)

あとはカスタマーサポートから連絡がくるのを待ち、その後の指示通りに手続きすればプリペイドカードを発行することができます。

プリペイドカードの申し込み時にはカード発行手数料として21ドル、配送料として4ドルが徴収されます。そのため、口座に合計25ドル相当の残高が必要です。
無料での発行はできませんので予めご注意ください。

プリペイドカードに関する各種手数料や制限などは手数料一覧を参考にしてください。

アイウォレット口座各種手数料一覧

おすすめの記事